世田谷区代沢のしいはら歯科医院

世田谷区代沢のしいはら歯科医院
世田谷区代沢のしいはら歯科医院
写真

お口のケアー(管理)が健康寿命を延ばします。

近年、お口の状態が身体の病気・老化・健康寿命と密接に関わってくることが分かってきました。
虫歯や歯周病は、歯や歯ぐきへのトラブルを起こし、細菌や毒素の供給源となって、血流を介して全身を巡るために多くの病気のリスクを高めます。
また、歯を失って噛む機能が低下すると、軟らかい食品(糖質)が増えてしまい、高血糖や低栄養につながり、老化の速度を速めます。
そのため、歯科診療所は生活習慣病の発生予防・重症化予防を実践する場所へと変わってきています。
身近に実行出来て確実に効果の上がる健康対策として、お口のケア(管理)がいかに大切かがお分かりいただけると思います。

注目の入れ歯コンフォートシリーズスポーツ歯科歯のエステ医療連携

診療科目
一般歯科
むし歯、入れ歯、歯周病などの治療です。お口を大切な体の一部分としてとらえ、歯を1つの大切な臓器であるという視点で診察治療いたします。
歯周病菌が全身疾患(糖尿病、心筋梗塞、肺炎、早産 等)に影響を及ぼすことがわかっている現在、口腔ケアは命を守る歯科医療といえます。また命の泉ともいえる唾液の分泌に重点をおき、虫歯を放置せず、入れ歯もきちんと入れて、しっかりと噛むことにより唾液分泌をうながし消化吸収を助け、唾液によりお口の有害菌を自然の力で洗い流し、健康長寿に役立つ歯科医療をおこないます。
小児歯科
一生涯を虫歯ゼロで過ごすための大切なスタートの時期です。前学校歯科医である院長と、2児の父親である副院長が、虫歯ゼロを目標に予防歯科をメインに行います。もちろん、もし虫歯になってしまった場合はゆっくりと歯医者さんに慣れるところから始めますのでご安心ください。歯並びや顎の成長についてもお気軽にご相談下さい。必要に応じて矯正専門医や小児専門医とも連携いたしております。
口腔外科
日本大学歯学部付属歯科病院口腔外科勤務の経験を生かした診療を行います。
抜歯や口内炎、顎関節症、歯ぎしり、口腔がん、歯の破折、スポーツ外傷、唾液腺の腫れ、舌の異常、ドライマウス(お口の乾燥)、骨隆起(顎の骨の出っ張り)、イビキの治療など、お気軽にご相談ください。高次医療機関(大学病院など)の専門医と連携しておりますので安心して何でもご相談ください。
予防歯科
乳幼児から中高生あたりまでは歯が未完成なので主に虫歯予防、成人してからは将来大切な歯を失わないための歯周病の予防、妊婦さんは早産予防と赤ちゃんへの虫歯菌の感染予防、及び妊娠性歯周炎の予防。中高年以降は歯周病菌の体内への感染による全身疾患の予防と健康長寿の確立を目指して行います。食事指導、口腔ケア(お口のクリーニング)、フッ素塗布、ブラッシング指導などを行います。
審美歯科
審美歯科
お口を開けておもいっきり笑ってますか??
歯の金属や着色などの見た目でお悩みの方の治療です。ホワイトニング(漂白)や自然の歯に近い色調のセラミック系の材料による歯の修復、金具のバネの無い義歯(入れ歯)、茶渋やタバコのヤニをとる歯のクリーニング、結婚式やクラス会など大切な日の前に数日間だけ歯や金属を白く綺麗にお化粧するコーティング等があります。ジグザグの歯並びなどでお悩みの方もお気軽にご相談ください。もう歯の外見コンプレックスで悩み続ける必要はありません。 審美歯科 治療例
スポーツ歯科
スポーツをより安全に快適に行うためにお口の型を採って個人にフィットするカスタムメイドマウスガードをお作りします。対人接触によるお口の切り傷、歯や骨の破損、脳震盪や、筋力発揮時の噛みしめによる歯の破折などを防ぐ効果があります。また運動能力の向上も期待出来ます。サッカー、バスケットボール、ラグビー、野球、空手、ボクシングなどに特におすすめします。
スポーツ歯科
通常マウスガードは上の歯をカバーして顔面に加わる強い衝撃を吸収し、歯の脱臼・破折を予防し舌・唇・頬粘膜の裂傷、顎の骨折、脳しんとうの防止・軽減に大変役立ちます。さらに咬み合わせを回復・改善させてスポーツ能力へプラス効果が期待できます。
また口のケガはヘルメットだけでは防ぎきれません。 これまで既製品しかありませんでしたが、歯科医師がカスタムメイド(注文)で作ることにより、市販のマウスガードとは比べものにならないほど精度が向上しました。
マウスガードは最新の歯科医学から生まれた必須のスポーツ用具です。 マウスガード

認知症や転倒への不安をお持ちの中高年の方、
入れ歯でお悩み(痛い、噛めない、違和感)の方へ

  • 適切な栄養を摂ること以上に大切なことは、よく噛むことです。
    しっかりとした噛める入れ歯を使うことで、ほぼ寝たきりだった人が、歩けるまでに回復するということがあるのも、噛むことで脳の広い範囲が刺激され活性化するためと考えられます。
  • 次の図は、65歳以上の健常者4425名を対象に、歯と入れ歯の状況を4年間追跡調査し、認知症になっている人の割合(%)を示したグラフです。
グラフ

注目の入れ歯「コンフォートシリーズ」

当院はコンフォートシリーズの加盟登録医院です。
詳細は » http://www.bitecglobal.com
  • コンフォートシリーズとは、長期間の入れ歯使用や加齢により薄くなったお口の粘膜の代わりに、入れ歯の内面に生体用シリコーンを使ってクッション加工を施すことで、入れ歯が安定し、痛みが緩和され、これまで食べられなかった食品も強くしっかり噛めるようになり、脳の活性化、転倒予防などが大いに期待できます。
    1本欠損から総入れ歯まで、これまでの入れ歯にご不満(痛い、噛めない、違和感)のある方、あなたも最新の技術を駆使した満足度の高い入れ歯に出会えます。
    歯を失ったまま、入れ歯を使用しない人は、歯がある人に比べて、認知症になるリスクが1.9倍にもなってしまいます。
    しかし、歯を失った人でも入れ歯を使うことで、歯がある人と比べても、大きな差がないことも分かります。
  • 歯ごたえ、食感は、歯の根の周囲にある薄い歯根膜が感知し、その刺激が脳の中の「運動、感覚、記憶、思考、意欲」に関係する部分を活性化させます。
    しかし、歯を失った場合でも、しっかりとした噛める入れ歯を入れて噛み続けることで、口の中の粘膜など他の部分のセンサーが歯根膜の代用として働くことが分かっています。しっかりとした噛める入れ歯を入れないとアゴの位置が定まらず、身体のバランスも崩しやすくなります。
    認知症だけでなく、転倒予防のためにも、しっかりとした噛める入れ歯が大きな効果をもたらすのです。